« October 2008 | Main | December 2008 »

November 25, 2008

3度目の整形外科

長男、今年になって3度目の整形外科通いでした。
小さい頃からよく転ぶ子で、よく骨折や大きな怪我がなかった
なぁと思うくらいだったけど。

夏休み中に体育館のような所でサッカーをしていて、蹴り
損ねたのか足の小指が捻挫のように。
初めての整形外科&レントゲン撮影でした。
骨には異常がなかったものの、腫れているので湿布して
しばらく運動できず(T_T)

2度目は2学期に入って、学校でコンクリートの所で転んで
膝に怪我。
転んで擦り傷なんてしょっちゅうなので、様子を見て
いたけれど。
化膿してきているようで整形外科へ。
ちょっとひどかったので「これは家では治りにくいよ」と言われて、
傷が乾いてくるまで毎日、消毒に通いました。

そして、今回は先週の木曜日。
休み時間に外でサッカーをしていたら地面を蹴ってしまい、
足の親指が痛いと。
これも骨には異常がなく、湿布して経過を見ていました。
もう痛みがないので今日、再診して運動などOKとなりました。

本当によく転ぶんですよね。
次男は長男ほどは転ばないと思う。
長男は身体が固いからかなぁ?
次男はすっごく柔らかいんですよね。

ちょっとくらいの怪我は男の子ならよくあるんでしょうね。
でも、あんまり大きな怪我はしないでほしいなぁと思ってしまいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

November 10, 2008

お誕生会@幼稚園

先月は次男のお誕生月。
幼稚園のお誕生会に行ってきました。
これまた、先日のサッカーの試合よりずっと前だったんですが(^^;

まずは全員、お遊戯室に集まってお誕生月の子は順に呼ばれて
壇上に上がり、メダルだったり王冠をもらってそのまま壇上に
並んで座ります。
今回は大きなメダルみたいな感じでしたが、首からかけるのではなく
ゴムが付いていて名札の所につけました。
みんなにお祝いの歌を歌ってもらったら、また元の位置に戻ります。
お誕生月の子達はクラスの列の先頭、舞台に向かって右側に座ります。

そして、恒例の園長先生のマジックショー。
マジックでポップコーンを作り、お誕生月の子と親は数粒ずつ
食べられます。
それから、先生達の出し物。
人形劇だったりパネルシアターだったりですが、今回は「3匹の子豚」の
人形劇でした。

それから、お誕生月の子達はまた壇上に上がり記念撮影。
いつも行事の写真を撮ってくれる写真屋さんのおじさんです。
それがなかなか厳しく、にこっとポーズをとったり、ピースをする子は
ちゃんと膝に手を置いて前を見るようにいわれたり、足を閉じて
揃えるようにと結構時間がかかりました。
出来上がった写真はみんな真面目な感じに。
長男の時はにっこりしてたり、ピースしてる子もいた気がしたけど。

その後は各教室に戻り、親も一緒に給食です。
4~5人ずつ机に座ってるんだけど、隣の机の4人がもう何度も
「○○君のおかあさ~ん。」「こんにちは~」などと何度も声を
かけてくれて、可愛い~ヽ(*^^*)ノ

次男は食べ始めてしばらくすると、だんだん甘えてきて私に
「食べさせて~」と。
言い出したらきかないこなので、渋々食べさせたんですが。
そのうち、隣の男の子も甘えたくなったのか「食べられないよ~」
と泣き出してしまって(^^;
先生がなだめてちょっと食べ始めたけど、今度は「誰か僕にも
食べさせてよ~」とまた泣いてしまう。
私は次男を甘やかしてるからと申し訳なくなってしまった。

食べ終えると一緒に本を見ようとまた私にベッタリ。
給食を終えたらそろそろ親は帰る時間。
お友達と外で遊んでおいでと言っても「お母さんと一緒に遊びたい」
としがみついて離れてくれず。
何度もすぐお迎えだからまた来るからと行ってもダメで(T_T)
先生が教室を掃除し始めたので廊下に出て、また説得していると
女の子が来て「○○君、もうすぐお迎えなんだから大丈夫!頑張れ」
と言ってくれるが、次男は相変わらず。
そのうちその女の子が「○○君、お母さんの手を離しなさい!」と
次男の手を引っ張り始め、更に3人ほど集まってきて手を
引っ張ったりして困ってしまいました。
結局、先生が来てくれて説得してくれて、私もまたすぐにお迎えに
来るから帰る準備して待っててねと言って、やっと帰れた~。

2学期になったら1学期よりも、幼稚園がうんと楽しそうになって
いたけれど。
それでもまだまだ、甘えん坊。
一緒にいたら離れたくなくなっちゃうのかなぁ。
でも、お遊戯室にいる間はお友達と楽しそうに話していたし、壇上に
上がるのも大丈夫だった。
スローペースだけどちゃんと成長してるよね。
4才のお誕生日(*^ー^)/゜・:*:・。おめでとう。・:*:・゜\(^ー^*)

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

November 07, 2008

気のせいに押されたんだ。

先日、サッカーの試合がありまして。
グランドに着くと友達を発見した長男。
「先に行ってるね。」と駐車場から小走りにグランドへ。

入り口の所の側溝の蓋ですべったのか転ぶ(^^;
いきなりの膝からの流血にテンション下がる長男。
入ってすぐにいた友達とそのお母さん、お姉ちゃんもびっくり(*。◇。)ハッ!
傷を水道で洗って絆創膏を貼り、試合にのぞみました。
試合中にまた転び絆創膏が破れて、また血が出たりしたけど。

家に帰ってきて、転んだことを話していた時。
「何であんな所で転んだの?」と聞くと「なんか誰かに押されたような
気がする…」と長男。
でも、後ろには誰もいなかったしまだ友達と触れる距離にも
行ってなかったはず。
「それはないよ~気のせいでしょう。自分で転んだんだよ。」と私。

それを聞いていた次男がまたその後で怪我の話をしていると…。
「お兄ちゃん、気のせいに押されたんだよ!」って。
いや~笑った笑ったヾ(@^▽^@)ノわはは
長男は不満顔だったけど、次男って時々、面白いこと言うんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« October 2008 | Main | December 2008 »